トップ 自動車整備ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車整備ナビ > 自動車の点検箇所【2】

自動車の点検箇所【2】

タイミングベルト

自動車にはもう1つ、“タイミングベルト”という内側にギザギザの段がついている歯付ベルトがあります。これは、ファンベルトよりもさらに奥にあってエンジンを作動させるためのベルトで、車の場合はゴムでできているものが多く使われています。エンジンルームから探そうとしても見つかりませんが、これはタイミングベルトにとっての最悪の条件である異物や水分、油脂などの付着をふせぐためにカバーで覆われているからなのです。 ところで車は、エンジン内のピストンが下限まできたところで排気バルブが開いて燃



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車の点検箇所【2】の記事

自動車の点検箇所【2】のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

タイミングベルト

タイミングベルト

自動車にはもう1つ、“タイミングベルト”という内側にギザギザの段がついている歯付ベルトがあります。これは、ファンベルトよりもさらに奥にあっ・・・


ベルト

ベルト

車種によって本数や長さは異なりますが、自動車にはいろいろな部分に“ベルト”が使われています。素人の目では劣化の程度ははっきりと分かりません・・・


ロングライフクーラント

ロングライフクーラント

車を走行させることによって、エンジンの燃焼室内の温度は、2000~3000℃にもなると言われていますが、この温度を一定のレベルまで下げなけ・・・


スパークプラグ

スパークプラグ

“スパークプラグ”はエンジンの燃焼室にある部品で、その先端に高圧電気を通して火花(:スパーク)を発生させて混合ガスに点火するライターのよう・・・


その他

その他

自動車の点検箇所は、その他にもいくつかあります。ガソリンエンジン車は、ガソリンと空気とを混合させたものをシリンダー中に吸入し、この気体をピ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ タイミングベルト

自動車にはもう1つ、“タイミングベルト”という内側にギザギザの段がついている歯付ベルトがあります。これは、ファンベルトよりもさらに奥にあってエンジンを作動させるためのベルトで、車の場合はゴムでできているものが多く使われています。エンジンルームから探そうとしても見つかりませんが、これはタイミングベルトにとっての最悪の条件である異物や水分、油脂などの付着をふせぐためにカバーで覆われているからなのです。 ところで車は、エンジン内のピストンが下限まできたところで排気バルブが開いて燃

自動車整備ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。