トップ 自動車整備ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車整備ナビ自動車の点検箇所【2】 > その他

その他

その他の画像

自動車の点検箇所は、その他にもいくつかあります。ガソリンエンジン車は、ガソリンと空気とを混合させたものをシリンダー中に吸入し、この気体をピストンで圧縮して点火、燃焼、膨張させてピストンを往復運動させることによって車体を動かしています。

このときに吸い込む空気にはごみや塵、砂などが混ざっている可能性がありますが、車はエンジンがかかっている限りどんな空気でも吸っていて、それがエンジン内部にはいるとエンジン自体にダメージを与えてしまいます。

そこで車には、これらの不純物をろ過するための“エアクリーナー”が取り付けられています。このエアクリーナーのろ紙の部分に小さいごみや塵などが入り込んで十分に濾過されなくなると、空気の取り入れ量も少なくなってエンジンのパワーが落ちてしまいますので、最低でも1年に1回は点検して目に見えるごみは取り除くようにしましょう。

交換の時期は、車種や使用環境、フィルターの種類によっても異なりますが、4~5万Kmを目安にすると良いとも言われています。エアクリーナーの形状は、剥き出しタイプでキノコのかさのようなものと、箱や筒型のボックスにはめ込むタイプのものがあり、純正品以外にもカー用品店やネットなどでサイズの同じものを見つけて使うこともできます。

次は“オイルフィルター”です。車のエンジンオイルは清浄さを保つために常にオイルフィルターでろ過されて送られていますが、長期間にわたって交換をしていないとフィルターが目詰まりを起こしたり、汚れたオイルがそのままエンジンに流れ込んでトラブルを起こしたり、燃費を悪化させたりすることにもなりかねません。そこで、オイル交換2回のうちの1回ほどはオイルフィルターも交換するようにしましょう。

車は非常にたくさんの部品で構成されていて、知らず知らずのうちに各部分が摩耗したり、素材によっては乗っていなくても時間の経過とともに劣化することが避けられないものもあります。そしてそのまま使い続けると、必ずと言っていいほど性能が低下したり故障の原因となって突然トラブルを引き起こしてしまうので、定期的にコンディションをチェックし、少しでも異常を感じたら早めに対処することが大切です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車整備ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ その他

自動車の点検箇所は、その他にもいくつかあります。ガソリンエンジン車は、ガソリンと空気とを混合させたものをシリンダー中に吸入し、この気体をピストンで圧縮して点火、燃焼、膨張させてピストンを往復運動させることによって車体を動かしています。 このときに吸い込む空気にはごみや塵、砂などが混ざっている可能性がありますが、車はエンジンがかかっている限りどんな空気でも吸っていて、それがエンジン内部にはいるとエンジン自体にダメージを与えてしまいます。 そこで車には、これらの不純物をろ過する

自動車整備ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。