トップ 自動車整備ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車整備ナビ車検 > 車検の方法

車検の方法

車検の方法の画像

“車検”というのは、“道路運送車両法”で定められている“保安基準”に適合しているかどうかを検査するため制度で、車を所有して公道を走る人の義務でもあります。そして車検をする時期は、基本的には“車検証”に記載されている有効期限が満了するまでで、新車の場合1回目は3年後、2回目以降は2年ごととなっています。

ここでは、車検の方法をざっと見てみることにしましょう。まず、“ディーラーでの車検”は、自社の製品に関する知識が非常に豊富で、技術的にも鍛え上げられたプロと言われる整備士たちによって行われるという信頼度の高さがあります。価格的には他に比べると高くなりますが、設備や規模も大きいために時間や日時を気にすることなく安心して任せることができます。

“整備工場での車検”は、工場の規模が小さくてコンピュータ制御化されたりハイテク化の進んだ車に関する知識はやや遅れ気味のところがありますが、古くからやっているところが多くて技術のレベルが高いというメリットがあります。また、取り扱う車種が限定されていなくて、ほぼすべてのメーカーに関する基本的な知識をもっていて整備もひととおり着実にこなすことができます。

次に“車検専門チェーン店での車検”は、ほとんどの作業を比較的大きな整備工場で行っているために技術的にも信頼できるところが多く、ディーラーよりもシステムが進んでいるところもあると言われます。

全国に数多くのチェーン店をもっていて、広告・宣伝にも力を入れていることから集客力もあり、多くの台数をこなすために作業期間も短くて、立会説明を行ったり、各種割引を行ったり、ネットでの申し込みができるというメリットがあります。車検にはこのようにいろいろな方法がありますが、業者によって費用はかなり変わってくるので技術面などに関しても十分検討したうえで依頼するようにしましょう。

ちなみに車検の費用の内訳は、“自動車重量税”、“自賠責保険料”、“検査手数料”、“点検整備料”、“車検代行料”などとなっていて、個々の自動車の状態によって変わる“点検整備料”と依頼する業者によって変わる“車検代行料”の違いが費用の違いとなって表れてきます。

[ 車検 ]


スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車整備ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ブレーキパッド

“ブレーキパッド”はディスクブレーキの重要な部品の1つで、“ディスクローター”というホイールと一緒に回転する円盤を挟んで抑えることによって摩擦を起こして自動車を減速・停止させるという役割を担っています。 摩擦部分が残り2mmというのが厚さの限界で、それ以上になるとブレーキの効きが悪くなるだけでなくディスクローターを傷つけてしまったり、ピストンが飛び出してブレーキオイルが漏れて大変なことになる危険もあるので、点検の際に残り4mm程度になっていたら交換しておいた方が良いと言われ

自動車整備ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。