トップ 自動車整備ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車整備ナビ車検 > ユーザー車検代行とは?

ユーザー車検代行とは?

ユーザー車検代行とは?の画像

“ユーザー車検”はあくまでも車のユーザーが検査を受けに行くことになっていますが、ユーザーが仕事などで忙しくて自分で行けない場合には、代理人を立てて検査を受けることも認められています。これを“ユーザー車検代行”と言い、ここではユーザー車検に関する手続きをすべて行って、さらに顧客から預かった車を指定された日に車検場に持って行ってくれるサービスと、預かった車を指定された日に車検場に持って行って車検を済ませてくるだけのサービスの2種類があります。

ディーラーなどの車検では10~12万円前後かかりますが、“ユーザー車検代行”の業者に依頼した場合には1万円台という格安な料金で車検を取得することができると言われています。けれどもこの料金には税金や自賠責保険などの費用は含まれていないので、実際には7万円前後かかるということを覚悟しておく必要があります。

また車検と同時に法定点検整備を行ってくれるディーラーや整備工場とは違って、車検を取得する手伝いをするというのが目的となっているユーザー車検代行では、たとえ車検を取得した翌日に車が故障しても保障はしてもらえません。中には別料金で整備をしてくれる代行業者もあるようですが、地方運輸局長の承認を受けた“認証工場”としての資格をもっていなければ自動車分解整備の業務を行うことは法律で禁じられています。

“ユーザー車検代行”は、インターネットで調べることもできますので、よりサービスが良くて費用面でも納得のいくところを見つけておくと便利ですし、ディーラーや整備工場でも最近は格安の車検を行うところもあるようですので、チェックしておくと良いでしょう。

ただ、購入後初めての車検であれば“ユーザー車検”や“ユーザー車検代行”でも問題はないかも知れませんが、2回目、3回目となるに従って整備の必要な箇所も増えてくることが予想されますので、安全性を確保するという点では信頼できる整備業者に出して点検整備も行ってもらう必要があります。

[ 車検 ]


スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車整備ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ スパークプラグ

“スパークプラグ”はエンジンの燃焼室にある部品で、その先端に高圧電気を通して火花(:スパーク)を発生させて混合ガスに点火するライターのような装置で、“イグニッションプラグ”とも呼ばれています。着火の際の電圧は2~3万Vの高電圧で、一般家庭にきている電圧(100V)の200~300倍もあるために、爆発のたびに5メガパスカル(50㎏/?)というまるで1円玉の上に150㎏の巨体が乗っかかているほどの強い圧力を受け、さらにそこでは2,000~2,500℃の炭酸ガスによる加熱と、吸入

自動車整備ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。