トップ 自動車整備ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車整備ナビ東京都 > 有限会社ピースジャパン

有限会社ピースジャパン

有限会社ピースジャパン

ロードサービス!レッカー車!の事ならお任せ下さい!

いつ起こるか分からないお車のトラブル。もしもの事故の時、お客様が慌てたり、困ったりしないように、安心のレッカーサービスやロードサービスを目指しております

事故や故障はもちろん、タイヤのパンクやバッテリー上がり、脱輪、さまざまなトラブルにすばやく対応しお客様の安心していただけるサービスを心がけております

有限会社ピースジャパン:DATA
住所〒104-0045
東京都中央区築地4丁目1-12
電話03-3549-1119
FAX
URLhttp://www.peace-japan2001.com/
営業
駐車場
業種アメリカ車販売、イギリス車販売、イタリア車販売、大型車販売、オートバイ販売、カーエアコン販売、カーステレオ販売、カー用品店、輸入車販売、韓国車販売、クレーン整備、自転車修理、自動車修理、自動車清掃業、自動車整備、自動車洗車業、自動車電装品修理、自動車電装品販売・修理、自動車塗装、自動車内装、自動車鈑金、自動車鈑金・塗装、自動車販売、自動車ロードサービス、車検代行サービス、車検サービス、スクーター販売、損害保険、損害保険代理店、代行サービス、タイヤ販売、ドイツ車販売、内燃機関、内燃機関修理、バス販売、福祉車両販売、フランス車販売、保険、保険代理店、輸入自転車販売、ラジエータ修理、レストア、レッカー車サービス
アクセス◆鉄道
東京メトロ日比谷線・東銀座駅より徒歩3分
お役立ち情報★すぐに駆けつけます!!★
ドライブ中の車のトラブル!
もしもの事故!
脱輪して自分ではどうしようもない!
こんな時には年中無休!安心のレッカーサービス!ピースジャパンにおまかせください!!

有限会社ピースジャパンの地図

東京都中央区築地4丁目1-12 (Sorry, this address cannot be resolved.)

有限会社ピースジャパンの詳しい情報です!

【サービス内容】
緊急出張サービス
ピースジャパンではいつ起こるかわからない車のトラブルに、迅速に対応するため24時間・365日体制でお客様に安心サービスを行なっております。

◆車の牽引・搬送
・事故
・自走できない車
搬送先までの同乗も可能です。お客様の状況に応じては台車もご用意しておりますのでご安心してお問合わせください。
22時以降の車の取り引きも行なっておりますのでお昼の時間がお忙しいお客様も安心!

・事故
・自走できないバイク
バイク搬送の場合も搬送先までの同乗は可能です。
小型から大型まで対応させていただいておりますのでご安心ください。

・バッテリー上がり
・キー閉じ込み
・サイドブレーキ固着
・タイヤスペア交換
・横転
・各種オイル漏れ
・ガス欠
・冷却水補充
・各種バルブヒューズ交換

■料金表
普通車(税込料金)

1)AM8:00~PM7:59
(受付時刻より)
基本料金   10000円
基本作業料金 5000円
実牽引料金  525円×(1kmごと)

脱輪、乗り上げ、引き降ろし、クレーン
一律+5250円
(悪天候 +4200円)
(ドーリー使用の場合 +3150円)
(高速案件 +3150円)

2)PM8:00~AM7:59
(受付時刻より)
基本料金   10000円
基本作業料金 5000円
実牽引料金  630円×(1kmごと)

脱輪、乗り上げ、引き降ろし、クレーン
一律+5250円
(悪天候 +4200円)
(ドーリー使用の場合 +3150円)
(高速案件 +5250円)

■アフターサービス
・車の修理業者の仲介
・車の販売業者の紹介
・バッテリー販売(24時間受付)

◆セーフティーローダー◆
セーフティーローダーは、荷台が後方にスライドし動かなくなった車やオートバイなどを楽に載せることが出来る車両です。

◆セーフティーローダー(フラットタイプ)◆
荷台がフラットになるタイプです。
スポーツカーや車高の低い車などを乗せる時に使用します。

◆レッカー車(小型タイプ)◆
レッカー車とは、地下駐車場からの引き出し、自走できない車、カギが無くなった車の牽引を行なうための車両です。

◆レッカー車(大型タイプ)◆
様々な状況に合わせて大型も用意しております。

◆サービスカー(小型バイクなど)◆
小型バイクなどの搬送に利用します。



スポンサー広告

ネットショップ広告


自動車整備ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ タイヤのトラブル

高速道路のトラブルで最も多いのは、タイヤのバースト(:破裂)だと言われます。タイヤの空気圧やタイヤの劣化具合を日頃から気にかけていれば、この現象はそうそう起こるものではありませんが、突起物を踏んだりして突然起こることもあり、走行不能になると当然ハンドル操作もできなくなりますので、高速道路のトンネルなどで破裂してしまったら命にかかわるような大惨事にもなりかねません。 万一バーストを起こしたら、すみやかに道路の左端に停車して事故車の三角表示板を立て、レッカー車を頼むようにします

自動車整備ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。